カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
アーカイブ

コスモサービスSTAFFブログ

5月
2012年05月11日(金)

お世話になっております。
5月に入ってだいぶ春らしくなってきました。暖かくなると眠気が
襲ってきますね。頑張ります。
さて、今回は海外の電気事情についてご案内したいと思います。
普段から愛用している電気製品は旅行先でも使いたいものです。しかし、
海外では日本の電気製品をそのまま使おうと思っても様々な問題があります。

①  コンセントの形状が異なる
日本ではどこに出かけても電気製品のプラグがささらないという事態は
無いかと思います。
しかし海外ではコンセント形状が日本とは異なり、国によっては7種類
もの形状が使われている場合もあります。

DSCF1186 (画像はフランスのホテルのコンセント。丸い2つ穴のタイプです。)
そのため、旅行先に合わせた変換プラグが必要になってきます。

②  電圧が高い!
日本の電圧は100Vで統一されています。
一方、海外では国内よりも高い110V~240Vという高い電圧になっています。

DSCF1007(画像はフランスのホテルで電圧を測った時のものです)DSCF0998

最近では海外で使用出来る電気製品も出てきていますが、
物によってまちまちです。
100V専用の日本の電気製品はそのまま挿しこむと
ショートし壊れてしまいます。
このトラブルを防ぐための機器が『変圧器』になります。種類は以下の通り。
◎高い電圧(200V)を低い電圧(100V)に引き下げる『ダウントランス』
◎低い電圧(100V)を高い電圧(200V)に引き上げる『アップトランス』
海外に出かける方が使われるのは『ダウントランス』になります。
ただし、変圧器は使用できる消費電力がそれぞれ決まっている為、
それを超える専気製品は使用できません。

国によって様々なコンセント形状や電圧がありますので、店頭スタッフに
ご相談下さい。よろしくお願い致します。